トラブルに遭ったら・・・

トラブルに遭遇したら・・・

楽しい事がたくさん待っている海外旅行ですが、ひとつ間違えれば落とし穴に落ちてしまうリスクもあります。

 

そういった時にどんな対処をするかによって、大きくその後の展開が変わってきます。
トラブルの際の基礎知識は、必ず事前に頭に入れておきましょう。

 

海外旅行先でのトラブルとして主に考えられるのは、「紛失」「盗難」「病気」です。
紛失に関しては、国内での生活以上に気を遣う必要があります。

 

盗難被害の予防は、治安の悪い所には近付かない事、現金や貴重品を持ち歩かない事に尽きます。
病気に関しては、なるべくちゃんとした所で食事を取る事、無警戒で水を飲まない事を心がけましょう。

 

もし、貴重品を紛失、あるいは盗難に遭った場合は、速やかな対応が必要となります。
紛失した際の基礎知識も抑えておきましょう。

 

たとえば、パスポートを紛失した場合は、警察で紛失届出証明書を作成してもらいます。
クレジットカードは、カード会社に連絡してすぐに無効手続きをしましょう。

 

航空券の場合は、航空会社に連絡して再発行の手続きをします。
パスポートや航空券は、コピーを控えておくとかなりスムーズに手続きが行えます。

 

盗難に関しては、原則として現地の警察へ行って盗難届を作成する事になりますが、返ってくる可能性はほとんどないと考えておきましょう。

 

病気の際には、ホテルで安静にするか、現地の病院へ赴く事になります。
あらかじめ風邪薬を持参しておくと、風邪の症状が出た際には便利です。

 

下痢を起こした場合は、高確率で現地の水や食事があたったと考えられます。
この場合は病院へ行った方が無難です。