鉄道、バスの基礎知識

鉄道、バスの基礎知識

現地に着いてからは、日本と同じような感覚で行動する事はできません。
何をするにしても、その国ならではの慣習、文化に振り回される事になるでしょう。

 

ただ、その中にあって、比較的日本に近い感覚で利用できるのが、鉄道です。
特にヨーロッパに旅行する場合は、鉄道での移動が主な交通手段となるでしょう。

 

鉄道で移動する場合は、あらかじめ「鉄道パス」を購入しておく事をおすすめします。
これを持っていればかなり割引されますし、ヨーロッパなどの地続きの場合は広大な範囲での利用が可能です。

 

日本の定期券同様、切符を購入する必要なく簡単に電車に乗ることができるので、時間に追われる海外旅行においては非常に有用です。
その国々の交通機関の基礎知識をあらかじめ学んだ上で、購入、利用すると良いでしょう。

 

また、バスの利用も視野に入れておいた方が良いでしょう。
海外旅行において、特にアメリカやオーストラリアでの移動は、鉄道よりバスの方が安く、また便利に利用できる事が多いとされています。

 

海外のバスの基礎知識としては、非常に安く利用できるという点が挙げられます。
長距離の移動が当たり前のアメリカなどは特にそうですね。

 

ただし、日本のバスと比べると、シートが堅いなどの問題があります。
長距離を移動する場合、シートの堅さはかなり大きなウエイトを占める問題なので、自分の身体と相談した上で、どういった交通手段を用いるかを決めるようにしましょう。
折角の海外旅行で体調を崩しては、元も子もありません。