海外旅行の形態・ツアー

海外旅行ツアーのメリット・デメリット

行き先が違うだけで、基礎知識をはじめ、数多くの点で大きく変わってくる海外旅行。
その違いは、旅行形態によっても発生します。

 

海外旅行というと、いわゆる「ツアー」の印象がかなり強いのではないでしょうか。
旅行会社が企画したツアーに参加し、共通の目的を持った大勢の人達と移動を共にして、そこから自由行動…というパターンですね。

 

あらかじめ企画されたツアー計画に則る形で進行していくので、航空便から現地の宿泊、交通、観光地の選別など、全て旅行会社が管理しています。

 

お金さえ払えば、あとはほとんどの手続きをしてくれるというのが大きく、人気を博しています。

 

海外ツアーにはさまざまなメリットがあり、利用者数も非常に多い旅行形態ですが、問題点もあります。
それは、自由度があまり高くない点です。
スケジュールに則って行動するので、気分次第で動くという事が困難です。

 

また、自分ではほとんど準備をしないで良い分、あまりその旅行先に関する基礎知識などの予習をしないため、思い入れという点でもあまり深く立ち入る事がしにくい状況が生まれてしまいます。

 

一方、自ら準備をして旅行計画を立てる「手配旅行」の場合は、基礎知識等を身に付けなければならない分、準備にかなり時間がかかります。

 

その分思い入れが生まれ、かなり意義深い海外旅行になる事も多く、決してデメリットばかりではありません。

 

場合によっては、ツアー以上に穴場のコースを見つける事もできるので、格安で旅行できる可能性もあります。
とはいえ、安全面を考慮した場合など、ツアーの方が良いという点も少なからずあります。