ホテル 基礎知識

海外のホテルの基礎知識、チップ

海外旅行の楽しみのひとつとして、多くの人が挙げるであろうホテル。
日中を観光や娯楽に費やした後の癒やしの空間として、ホテルは非常に重要な拠点となります。

 

また、旅行に来たと最も自覚するのが、このホテルでのひと時でしょう。
単なる遠出ではなく、家ではない別の施設に宿泊する事で、旅行にやって来たという気分を明瞭に味わえるのです。

 

まして海外となると、それはさらに顕著になります。
特に初日はなかなか気の休まらない緊張の連続で、ヘトヘトになった状態でチェックインするケースも多いでしょう。
そのため、海外旅行におけるホテルは、特別な意味を持ちます。

 

ただ、言葉が通じない等、ホテルにおいても少なからずトラブルの種はあります。
そういった心配事の芽を少しでも摘むためには、事前に基礎知識や常識などを頭に入れておく必要があるでしょう。

 

海外のホテルの基礎知識として学んでおきたいのは、チップです。
これは日本にはない習慣なので、多くの人が混乱するかもしれません。

 

基本的に、ホテルにおいてチップが必要なのは、「荷物を運んでくれるベルボーイ」「タクシーを呼んでくれるドアマン」「ルームサービスなどを部屋に運んでくれるスタッフ」に対してです。
それ以外の、たとえばホテル内にあるレストラン等では、チップを渡す必要はありません。

 

チップを渡す際には「ありがとう」という意味の現地の言葉をいうと良いでしょう。
英語ならサンキュー。
フランスならメルシーという感じです。