中国旅行のビザ

中国旅行ビザ

旅行で、特に海外旅行などをする際には国内旅行と違って、色々と準備が必要になってくると思います。

 

今後特に人気が出そうなのが夏季オリンピック開催地の中国旅行でしょう。

 

旅の準備といえば、パスポートは必需品ですが、他にビザなども必要な国もあります。
ではビザとはどのような物なのでしょうか。

 

今回は中国旅行をすると想定して、ビザについて少し見て行きたいと思います。
ビザとは、渡航先の国に入国する時に必要な許可書のことです。

 

観光目的の為でも必要な国である中国と、中でも不要な香港、マカオなどがあります。
例えば香港90日以内の場合はビザが不要です。
私も1週間ほど香港に行ったときは、ビザ不要でした。

 

ビザの種類は、観光ビザ、訪問ビザ、学習ビザ、過境ビザがあります。
観光ビザの有効期限は入国日から30日間で、短期旅行、親族訪問で中国を訪れる場合に発給されます。

 

15日以内の観光などを目的とする短期滞在に関しては、ビザが免除されます。
ビザ免除は観光、親族訪問、トランジット目的の渡航に適用されます。

 

10日以上の滞在予定がある場合は、ビザを取得しておいたほうがよいかもしれませんね。
なお、発給後は3ヶ月以内に入国する必要があります。

 

また一度しか入国できない1次ビザ、2度入国できる2次ビザ、半年マルチビザ、1年マルチビザなどがあります。

 

ビザの有効期限は、特にパスポートのビザ欄にスタンプで記載されています。
ビザの所得方法は、個人の場合、領事館へ直接出向く必要があります。

 

このとき、申請書、写真、住民票、往復チケットなどが必要ですが、領事館によって異なるようです。

 

また個人申請以外の方法では、旅行会社などを通しても申請をすることが出来ます。

 

この場合のビザ所得は、代理店経由ですので1週間〜10日ほどかかります。

 

緊急の場合は、追加料金を支払えば、翌日、翌々日に取得出来たりします。
個人の場合は、旅行会社の経由が無いため3日程度で取得できます。

 

ビザ所得の費用に関しては、1次ビザが3000円、2次ビザ6000円、半年マルチビザ9000円、1年マルチビザ18000円程度が必要になります。

 

翌日に受け取りたい場合は、プラス3000円で、関係証明が必要です。
当日に受け取りたい場合は、プラス5000円と関係証明が必要です。

 

旅行会社に取得を頼む場合は、1次観光ビザが4000円〜12000円と幅がありますが、平均は6000円くらいになるかと思われます。
送料などの負担費用も確認する必要があります。

 

中国旅行の際のビザの取得については、パスポート取得などと同じく事前に色々と調べておくと、事がスムーズに運ぶのではと思われます。

 

[PR] ツヤグラアイロン リセで二重 シトリス 効果 ヴェルティナ