中国語での代表的な会話

中国での会話

中国といえば、とても広大な国なために、やはり言語も沢山あるようですが、公用語は、国民の大多数である漢族の「漢語」だそうですね。

 

しかし、この多数民族の言語「漢語」も北方方言、上海周辺の呉語、福建語、客家語、広東語などの方言があり、それぞれの言葉は会話が成り立たないくらい異なるそうです。

 

まあ、日本でもいろいろな地方の方言がありますし、それほど驚くこともないとは思います。

 

中国旅行の際に注意するのは、街中では英語があまり通じないそうですね。

 

中国にある沢山の方言、北京語、広東語、上海語、福建語など様々で、地方の人同士などが会話を成立する為に使用するのが「普通話」だそうです。

 

これも良く考えれば日本と同じですね。標準語というものが日本にもありますし。

 

「普通話」とは、要するに標準中国語で、外国から見ての「中国語」としているもののことだそうです。

 

それでは、その「普通話」の会話例を挙げていきましょう。

 

・はい/いいえ「シー/ブーシー」
・あります/ありません「ヨウ/メイヨウ」
・こんにちは「ニーハオ」
・ありがとう/ごめんなさい「シェーシェー/ドゥイブチ」
・なぜ「ウェインモ」
・私は日本人です「ウォーシーリーベンレン」
・トイレはどこですか「ツォースオザイナーリ」
・これはいくらですか「ジェガドウシャオチエン」
・天安門へ行きたいのですが「ウォーヤオチューティエンアンメン」
・空港はどこにありますか「ジチャンザイナリ」
・タクシーの基本料金はいくらですか「ツゥツォチェチブジァシドォショ」
・病院に連れて行ってください「チンダイドイイエンリライ」
・国際電話をかけたいのですが「シアンダグォジチャンツ」

 

などなど、基本的な会話例はたくさんあります。
まあ、まったく言葉がわからない方には、ガイドブックや簡単な辞書は必要不可欠ですね。

 

カタカナで見るだけでは、実際なかなか分かりにくいかと思いますので、一度漢字、カタカナ併せて中国語を調べてみたりするのもよいですね。

 

もっとしっかりと準備をしておきたい方などは、日本で中国語の会話を習いに行ったりしておくと中国旅行がより違った楽しいものになるかもしれませんね。