上海観光と上海の食について

上海観光

2008年夏季オリンピックで注目の北京ですが、北京以外にも注目できる都市がやはり中国には沢山あります。

 

北京以外ではなんといっても中国旅行の定番と言えば上海でしょう。
ここでは上海の観光について少し見ていきたいと思います。

 

上海の観光と言っても、その見所は数え切れないほどあるので、全部は紹介できません。。
そこで、数え切れない見所スポットの中から、特に数ヶ所に絞って観光スポットを見ていきましょう。

 

まず外灘ですが、ここは「中国の窓」とも言われる上海の玄関と呼ばれている場所です。

 

南京条約で上海が開港後、各国の商社・銀行などが立ち並び「東方のウォール街」とも呼ばれるまでに繁栄しました。
中国が開放された後にも、これらの街並みは残され現在に至っています。

 

建造物は国の重要文化財に指定され、新古典主義、ネオ・バロック、アールデコなどの建築様式が融合していて見所十分です。
建築物の美しさからその夜景も絶景です。

 

そして上海一の繁華街と言われている南京路ですが、ここは外灘の和平飯店から静安寺まで続く全長5.2kmの大きな繁華街です。

 

古くからの百貨店や食品店を中心に、近代的な店も入り混じる繁華街である「南京東路」と、高級ホテル、ショッピングモール、お洒落なカフェ、レストランが並ぶ「南京西路」に分かれるストリートとなっています。
南京東路などは大半が歩行者天国となっているようですね。

 

そして、注目の上海で話題を集めているスポットのひとつが新天地です。
神戸で言えば、北野といったところでしょうか。

 

フランスの租界地だった街並みをよみがえらせ、お洒落で高級感溢れるエリアとして注目をあびています。

 

石レンガ造りの建物の中には、個性豊かなショップがあり、中国料理はもちろん、フランス料理、日本料理、スペイン料理など世界各国の料理を楽しむ事ができます。

 

新しい店も次々とオープンしており、映画館などの娯楽施設や百貨店も建設され、昼はもちろん夜も風情のある場所とされています。

上海の食

中国旅行の定番上海、その食に関する観光について少しだけ見ていきたいと思います。

 

食に関する観光ツアーを例に見ますと、「上海美食巡り」なるモデルプランで見ていき対と思います。

 

まず西安餃子楼で水餃子を簡単に味わいます。
そして准海路を歩き新天地に向かい、新天地の新吉士で上海家庭料理を味わいます。

 

新天地でショッピングの後、中国デザートの店でゴマを使ったおしるこ、甘いスープ、タピオカドリンクなどヘルシーなデザートが味わえます。
お勧めはマンゴーかき氷などの「変わりかき氷」だそうです。

 

そして親天地からタクシーで15分移動、王宝和酒家という上海ガ二の専門店、老正興という上海料理の老舗でお食事。

 

そして次の日には、南京西路の避風塘で点心をいただき、そのまま南京西路を散歩。
黄河路美食街という上海で有名な海鮮料理ストリートに入り、大富豪海鮮酒楼や大上海という海鮮レストランで食事を楽しみます。

 

その後、人民公園で休憩、タクシー移動の後、南翔饅頭店で小籠包を味わった後、上海老街を散歩しつつショッピングし、最後に上海老飯店で上海料理を堪能します。

 

まあこれはひとつのツアープランですが、初めて行くときは個人で食べ歩き、とまではなかなかいかないものでしょうから、ツアーなどのプランは店選びなどの参考にもなりそうですね。