北京に関する解説

北京とは

中国といえば、最近は特に北京オリンピックの開催で注目をあびている国に思えますが、それ以前からも日本と隣接する大国として色々な点で注目される国であったことはご存知かと思います。

 

オリンピックも近づくとそれ目当てで中国旅行する方も多いと思いますが、中国旅行をする際、オリンピックのためだけではもったいないほど、中国には観光スポットが多くある事でも有名です。
ですが、この記事はオリンピックが行われる北京についてだけ特に注目してみたいと思います。

 

北京は、中国の首都で、中国共産党中央委員会の所在地です。
河北省(かほくしょう)という中国の東部に位置します。
中国では第三の面積をもつ大都市で、日本の四国に相当する広さがあります。

 

紫禁城、天安門広場などや、中央官庁が集まっている事や、古くから庶民の住む街並みの胡同などがある事から中国旅行の際に多くの観光客が訪れる年です。
今年の夏季オリンピック開催もあり、特に注目される都市なのではとされます。

 

主な民族は漢民族が96%、他に満族、回族、モンゴル族などが居住しているそうです。
市の花は月季、菊です。

 

人口は1538万人とされていますが他には流動人口が364,9万人で、少数民族の人口は48万人とされています。
住民の平均給料は、日本円で月13529〜20788円とされています。

 

オリンピックなどで健康被害が心配されているのが、経済発展に伴う環境汚染で、特に大気汚染が問題となってきているようです。

 

もちろん北京市は対策をとっていますが、北京市のスモッグなどは日本では考えられないほどになるようです。

 

飛行機でのアクセスには、北京首都国際空港が使用されます。
北京の人々は素朴で健康的な感じがする面もあるようです。
万里の長城などの世界遺産はとても有名で誰もが知っています。
かなり有名な場所ですが、周辺施設などは日本などのように整備されている感じはないようです。

 

北京について簡単に見てきましたが、夏季オリンピックでも注目され、中国旅行なども一時的にもブームが来るかもしれず、やはり注目できる都市となってくると思います。

 

[PR] 皇潤 クレア ダイエット シトリス スリムサーティ