中国旅行における体調管理

体調管理について

海外に旅行などする際は、日本とは異なる事が多く出てくると思います。
それは旅の楽しみな事のひとつでもありますが、逆に不便になってくる事も多いかと思います。

 

それでは、中国旅行での体調管理について見て行きたいと思います。

 

中国旅行をすると一口に言っても、中国は広大な土地のため、地域によって気候が大きく異なる事が予想できると思います。

 

北京、上海、成都などは冬の気候は日本と似ているようですが、雲南省南部などでは最高気温が25度を超える事もあるそうです。

 

気候の変化による体調の変化はもちろんですが、疲れから起きる頭痛、下痢、発熱などの症状にも気を配りたいものです。

 

旅行中はどうしても水分が不足しがちなので、こまめに水分補給をする事なども大切になってきます。

 

万が一に備えて、日本で海外旅行障害保険に加入しておく事も大切になってきます。

 

中国でかかりやすい病気のひとつに、風邪(感冒)、下痢(拉肚子)、肝炎などがあります。

 

中国旅行で一番気を付けたい健康管理としては、飲み水は沸かした水か、売店などのろ過済みの水、ミネラルウォーターのすることです。

 

よって、衛生上の問題から屋台の利用も少し控えたり、むやみに猿、猫、犬などの動物に触れないようにしましょう。

 

あまりいないとは思いますが、寄生虫などの危険性があるので、川では泳がないようにしましょう。

 

そのほかの注意点としては、

 

石鹸でこまめに手を洗いましょう。
殺菌・加熱された食べ物、飲み物を口にしましょう。
果物は自分で皮をむいた物を食べましょう。
加熱調理されていないさしみ、肉、生卵などは肝炎の危険性があるため口にしないようにしましょう。

 

などなどです。
また普段から飲み慣れている常備薬を携帯する事も大切になってくるかと思います。

 

中国では、外国人の医療費が中国人に比べて数倍から10倍かかるそうです。
そのような事を考えて、海外旅行傷害保険への加入は必須となってきます。
保険会社の提携先の病院などが利用できた場合、治療費の後払いという事もできるところがあるようです。

 

一応病院へのかかりかたを説明しますと、まず受付で受診する科を告げて、「掛号」という受付登録をします。

 

受付表を持って受診する科まで行き、机上に受付表を置きその場で待つか、椅子に腰掛けて名前が呼ばれるまで待ちます。

 

そして検査がある場合は、先払いで会計で代金を払い、検査を指定の場所で受けます。
最後に医師の処方箋を持ち、病院内にある薬局でお金と引き換えに薬を受け取ります。

 

体調を崩したりして病院に行くというのは、日本でも面倒であったり不安であったりするものですので、できれば中国旅行など旅先では避けたい事であるといえます。

 

保険に事前に入っておくことはもちろん大切なのですが、それより体調管理をしっかりおこなって、健康で旅行を楽しむ事を考えることが一番なのではと思います。