中国へのアクセス

中国へのアクセス

夏季オリンピックでもっとも注目を浴びる中国ですが、オリンピックもあり中国旅行を考える方も多いのではと思います。

 

中国旅行だけに限らず、旅行となればまずアクセスです。
では、飛行機と船での中国へのアクセス方法を簡単に書いておきたいと思います。

 

飛行機で中国にアクセス

 

少し前までは、飛行機での日本から中国へのアクセスと言えば、北京・上海・香港・大連線くらいしかなかったのですが、現在は約15都市への直行便が出ているそうです。

 

時間があれば、後に紹介する「船で行く」というのも良さそうですが、航空券も格安で購入できるようにもなりました。
少しでも安く往復交通費を上げたい時や、なんといっても時間を節約したい場合などは飛行機の利用が便利ですね。

 

日中路線は、他の海外の路線とは違って、地方都市からも多くの便が出ているのが特徴です。

 

「名古屋−重慶」や「新潟−哈爾濱」などの、その地方都市しか就航していない中国都市があるのも特徴です。

 

出発時刻はというと、日系航空会社は午前発、アメリカ系は夕方発、中国系は午後発が標準ダイヤです。
本数が多い路線などは、標準ダイヤ以外の時間帯にも便を設定しているようです。

 

路線別の特徴をあげますと、北京、上海、香港線が最もスタンダードな路線で、日本各地からの就航があり、本数も多いです。

 

北京線は、中国系航空会社の上海、大連、青島経由の便が多いようで、航空券の価格も、就航便数の多さから他の路線より比較的安いため、最も利用しやすい路線といえそうです。

 

青島、大連、西安線は、開設後数年が経過し、日本側の就航都市も増え利用しやすくなった路線ですね。

 

そして哈爾濱、沈陽、天津、重慶、武漢、厦門、広州、桂林線はほとんどが98年開設の路線で、週1〜3便くらいで本数はそれほど多くないです。

 

最大のメリットは、内陸部の都市へ乗り換え無しで利用できることで、費用も安くおさえられます。

 

また、日本の都市の17都市から中国行きの便が利用でき、ソウル経由で中国に行くこともできます。

 

以上、簡単に航空機での中国へのアクセスについて書いてみましたが、実際に飛行機でのアクセスを考える場合は、詳しい下調べが必要になりそうです。

 

また日本の空港までのアクセスや、中国に着いてからの空港からのアクセスなども併せて調べておくと準備としては万全ですね。

 

船で中国にアクセス

 

海外旅行をする際などのアクセスといえば、やはり飛行機の利用が思い浮かびますが、
近くの国などへは船で行くという方法も十分考えられます。

 

まず日本から中国への航路については、大阪・神戸から上海の新鑑真号、大阪から上海の蘇州号、神戸から天津の燕京号、下関から青島のユートピア3号、長崎から上海の長崎上海号があるようです。

 

新鑑真号は日中国際フェリーによって運航されており、大阪・神戸出航便が毎週火曜日から木曜日、上海出航便が毎週土曜日から月曜日に出ているようです。

 

船内には貴賓室、特別室、1等室、2等室があり、設備は、レストラン、売店、ラウンジ、カラオケ、ゲームコーナー、コインロッカー、ランドリー、給湯設備、船舶電話、診療室、自動販売機となっているそうです。
さらに詳しい事は、日中国際フェリーのホームページに載っています。

 

また、神戸−天津の燕京号は、チャイナエクスプレスラインの運行で、神戸出航便は金曜から日曜、天津出航便は月曜から水曜となっています。

 

船内は特別室、特一等A、特一等B、一等A、一等B、二等A、二等Bとなっており娯楽施設などもあります。

 

蘇州号は上海フェリー、ユートピア3号は西日本汽船、長崎上海号は長崎上海国際フェリーがそれぞれ運行しているそうです。
長崎上海号については、どうやら現在は運行されていないようです。

 

簡単に日本から中国への船でのアクセスについて書いてみましたが、中国旅行に限らずゆっくりと船の旅を楽しむのも飛行機とは違った良さもありそうですね。

 

中国旅行やその他の国への海外旅行、飛行機で行くことに慣れている人でも、船での旅というのも1度体験してみると良いかもしれませんね。