クレジットカードとキャッシュカード

クレジットカードや国際キャッシュカードの利用

旅行の際のお金の使い方は、国内においても結構な悩みどころです。
まして、海外旅行となると、その問題はさらに敷居が高くなります。

 

海外の場合はまず現地のお金に替えなければなりませんし、物価も全く異なるので、日本と同じ感覚で買い物することが難しいためです。

 

そういった背景もあるため、海外旅行におけるお金の基礎知識は、旅行に出かける前にひと通り覚えておく必要があります。
たとえば、クレジットカードの基礎知識に関しても、しっかりと把握しておく必要があるでしょう。

 

海外旅行先で、クレジットカードはかなり重宝します。
なにしろ、現地の通貨を用意する必要がなく、現金を持ち歩くリスクもないため、旅行先では必需品とさえ言われています。

 

しかしその一方で、クレジットカードでの買い物は、使いすぎてしまうという問題があります。
現金と違ってカードを出すだけの買い物なので、お金をたくさん使っているという感覚がどうしても残らないのです。

 

まして、物価が違う状況なので、自分の感覚と、実際に払った額との間にギャップが生まれる可能性が高くなります。

 

また、口座にたくさんの額を入れた状態で盗難被害に遭うと、場合によっては甚大な被害を受ける可能性もあります。

 

盗まれたり、紛失したりした場合は、速やかにカード会社に連絡を入れられるよう、カード会社の番号をあらかじめ控えておきましょう。

 

キャッシュカードの利用に関しても、注意が必要です。
いざという時のために持っておく分には問題ありませんが、使いすぎると後でトラブルになる可能性があります。
手数料もかかるので、なるべく控えた方が無難でしょう。