航空券について

航空券について

パスポートの次に、海外旅行を行う際に高確率で必要となるのが、航空券です。
韓国や台湾など、近い地域であれば船での移動も可能ですが、それ以外の旅行の際は飛行機での移動となります。
よって、航空券は海外旅行において必須アイテムといえるでしょう。
そのため、海外旅行で失敗しないためには、航空券の基礎知識をしっかりと学んでおく必要があります。

 

基礎知識としてまず知っておきたいのは、予約のタイミングです。
航空券は、即日購入できるという物ではありません。
事前に予約しておかなければ、希望の便には乗れないのです。

 

問題はその予約時期ですが、2〜3ヶ月前が理想です。
特に、観光シーズンに旅行する場合は、できるだけ早く予約しておかないと、あっという間に満席となってしまいます。

 

航空券を予約する際には、出発日、帰国日、希望する航空会社等を聞かれます。
よって、予約の時点で旅行のスケジュールを固めておく必要があるのです。
いつ行っていつ帰ってくるか、どの航空会社を利用するかをしっかりと決めておきましょう。

 

また、航空券にはさまざまな割引サービスがあります。

 

航空会社独自に設定できる範囲での割引を行っている「正規割引航空券」をはじめ、色々な制約を設ける代わりに格安に設定された「格安航空券」等もあり、場合によってはかなり安い料金で購入できます。

 

ただし、制約がある場合は、あらかじめ帰国日が決まっているなどのデメリットもあるので、注意した上で購入するようにしましょう。